エレとジラ 作:LEO

夢の叶えかたをジラが教えてくれます。

第50話 全て必要な経験

f:id:ruuku5050:20170409174541j:image

「ジラ、自分のことを客観的に、マンガや映画の主人公として、改めてみてみると、自分はなんてダメなんだって悩んじゃうよ…」

『エレ、あなたは、今はまだ、今まで起こってきたことがなぜなのか、まだ理解できていないかもしれないけど、あなたはある時、こう思う時が来るわ。

あのツライ経験が本当に無駄な経験ではなかったと。

すべては、必然だったと。
すべては、ベストだったと。

今までのツライ経験を含むすべての経験は、実はとても重要だったのだと。

1つでさえ、欠けてはならないものだったのだと。

それは、自分で望んだ経験と言えるものなのです。

どのような自分でいるのか、そうなる為には、必要な経験だったのです。

だから、自分のことを否定する必要は全くないのです。

自分はダメだ。。。と悩む必要は、全くありません。

あなたは、今のあなたで十分すばらしいんです。

今は、気づいていないだけなんです。
素敵なあなたは、常に誕生しているんです。

今も、過去も、未来もです。

望んだあなたになる為の、ベストなことを今、経験しているところなんです。』

第49話 ドラゴンボールでも教えてくれている

f:id:ruuku5050:20170409173118j:image

『例えば、あなたが大好きなドラゴンボールでも、とてもわかりやすく教えてくれているのよ。

ピッコロ大魔王、ベジータフリーザ、セル、魔神ブウ、彼らが、現れてくれたことで孫悟空の成長があり、どれくらい強くなったのか、表現できたの。

もし、彼らが現れなかったとしたら、あのすばらしいストーリーや、孫悟空という存在を、あれほど魅力的に表現することはできなかったと思わない?

あなたの目の前に現れた、嫌なひと、つらい出来事、立ちはだかった壁も同じ。

彼らが現れてくれたことで、あなたの成長があり、あなたという存在がどれくらい魅力的になったか、表現できる。

そして、彼らが現れたのは、偶然ではなく、それは、実はあなた自身が引きよせたものなのです。

より、魅力的なあなたになる為に、必要な試練として、引きよせているの。

そして、それは、必ず乗り越えることができることを引きよせているのよ。

あなたが心に描いている、あなたが望んでいるあなたになるためには、必要な人達や、出来事や、壁なのよ。』

第48話 嫌な人たちも本当は、ありがたい存在

f:id:ruuku5050:20170409172658j:image

「ジラ。そんな考え方は、信じられないよ。
考えたこともないし、考えたくもないよ!」

エレは、思ったことを言ってみました。

するとジラは、少し笑ってから
「じゃあ考えないあなたは、誕生しないわね。」

「えっ?あっ!法則1⃣だね…まいったな。
考えたくない➡考えないあなたは誕生しない➡考えることになる…わかったよ。教えてくれる?」

『この考え方は、とても高度な知恵なの。
自分の人生を、ある物語の主人公として、客観的に見つめることができると何故なのかわかってくるわ。

それが難しいと思うのなら、マンガや映画やドラマの中の主人公に対してなら、とても客観的にみることがてきるわよね。

そして、そこにヒントがあるのよ。』

第47話 嫌な人たちも本当は、ありがたい存在

f:id:ruuku5050:20170409171613j:image

「ジラ、失敗なんて本当はないと思うと、すごく前向きになれるよ!ありがとう!
うまくいかない時があっても、そういう経験をしただけなんだね。

この経験から何を学び、これからどうこの経験を活かすのか、それを失敗したと落ち込んでしまうのは、自分の考え方次第なんだ!

今までも、マイナス思考はダメ、プラス思考がいいんだと教えられても、なかなか理解できなかったけど、自分の中に失敗という言葉をなくすだけで、自然と前向きになれる気がするよ。」

『理解してくれてうれしいわ。
エレ。あともう一つ伝えておくね。

自分にとって敵と思うほど、嫌な人達は、実はすごく有難い存在なのよ。

このことは、あなたの好きなマンガや映画やドラマがそれを表現し、教えてくれているのよ。』

第46話 この世界に失敗なんてない

f:id:ruuku5050:20170409145515j:image

『そうねエレ。でも、もし、失敗したな…と落ち込むことがあれば、このことを思い出すようにしてみるといいわ。
すごく心が軽くなる考え方なのよ。

私たちが【失敗】を犯すことは本当はありません。
あるのは、【経験】だけなのです。
【失敗】という言葉も実は人間が生み出したものでした。
もし【失敗】したと考えることがあったら、
【経験】したに置き換えるだけで何だか救われませんか?

救われるというか、人間が【失敗】という言葉を生み出しさえしなければ、
本当は今まで【失敗】と思っていたこと全てが【経験】だったのです。

とにかくいろいろな【経験】をすることで、成長することが人の生きる本来の目的のようです。

だから【失敗】という事象はもともと存在しないのです。

ひとつの【経験】をしただけなのです。』

第45話 幸せの振り幅

f:id:ruuku5050:20170409105355j:image

『つらい経験をするほど、幸せの感じ方が大きくなるのよ。

例えば、レベル10の幸せがあったとして、0までのツライ経験しかしていない人なら、幸せを感じる振り幅が10です。

でも、レベル マイナス10のツライ経験をした人なら、同じレベル10の幸せを、振り幅20ですごく幸せに感じることができるの。

それってどれくらい幸せなんだろう?
どんな感じなんだろう?

それを経験する為に、この世界にいるんじゃないかな。』

「ジラ?もし、ジラの言うとおりだとしても、そのような気持ちになるのは、とても難しいよね。

取り返しのつかないくらいの失敗なんかしたりすると、すごく落ち込むし、つらいとしか思えない。

有難いなんてとても本気で思えないよ、たぶんみんなそうだと思う。」

ジラは、やさしいまなざしでエレを見つめ言いました。

第44話 幸せの振り幅

f:id:ruuku5050:20170408123231j:image

『ツライ経験があるから、幸せの振り幅が大きくなり、同じ幸せなことが、さらに幸せに感じることができるのよ。

例えば、当たり前のようにおいしい水を飲んでいる人が、水をもらっても幸せって感じにくいよね。

でも、ある国では、飲み水が雨水を溜めた濁った水しか飲むことができない人たちがいます。

その水を飲むことで、死に至る危険性もあるのですが、生きる為には、その水を飲まざるを得ないの。

そんな彼らが、すごく透明なお水を、死ぬまで好きなだけ使えるようになった時の幸せ感って、全然違うものなの。

それは、あなたにも、とても幸せに感じるんだろうなという想像はできますよね。

でもその幸せ度合は、経験しないと《実感》はできないのです。』