エレとジラ 作:LEO

夢の叶えかたをジラが教えてくれます。

第84話 すごいシンプルなんだね。

f:id:ruuku5050:20170507134841j:image

「ジラ…なんかすごい話になってきたよね。とても信じられないというか、それでいて、今までジラから教えてもらった法則や、いろんな考え方が、今の話につながっていくんだね…。

どうして、願うと夢が叶わないのか、なぜ自分を変えないで、願ってばかりいると、いつまでも望んだ通りにならず、つらいことばかり起こるのか、今まで教えてくれた法則そのものも、すごくシンプルだったけど、その始まりについても、すごいシンプルなんだね。

…でも、自分が神様だって言われて、そうか!僕は神様なんだ!って受け入れるのは、ちょっとどころか、無茶苦茶抵抗があるけどね。」

『そうねエレ。だから、今までの考え方をリセットするくらいの考え方の変化が必要なのよ。

だから、この世界の法則や、なぜこのような法則を必要としたか知ったとしても、あなたが急に神様のごとく、全てを望む通りに、ポンポコ世界を変えるような風にはならないわ。

だって、あなた自身が心の奥底で、ほんとにそうしたいとは、思ってないのだから。

あなたは、本当は、そんなこと出来るようになったら、すごくつまんないって思っているのよ。』

第83話 嫌なあの人は、あなただったのです。

f:id:ruuku5050:20170507134524j:image

『次第にあなたは、最初の目的を忘れ、自分のことばかり考えるようになり、自分と違う人たちに不満や、蔑み、忌み嫌う、否定するなどの行為をし出しました。

あなたと見た目、心、行為、考え方が違うということで、相手に対し敵意を持つようになり、攻撃するようにもなりました…

あれ?

おかしくないですか?

何のためにこのような世界にしたのですか?

あなたは、元々それを実感する為に、色々な点で違うあなたを創造していたことを思いだしました。

そうでした。

嫌なあの人は、あなただったのです。
大好きなあの人も、あなただったのです。
苦しんでいるあの人も、あなただったのです。

みんな、あなたでした…

全て自分を実感する為に、いろいろと変化をさせたあなたでした。』

第82話 神様であるあなたが、忘れてしまっていること

f:id:ruuku5050:20170507134245j:image

『だから、夢を叶えるためには、自分を変えない限り叶わないし、自分を変えることなく、願ってしまうような考え方でいる限り、夢が叶わない世界になっているのよ。

そして、もう一つ、神様であるあなたが、忘れてしまっていることがあります。

いつも他人の欠点を指摘し、嫌な思いにさせる人がいたとします。
あなたは、自分は、この人のようなことはしてはいけない、と考えたとします。
あなたは、その人よりも他人に対し、今の自分は思いやりがあると実感します。

でも、この人がいなければ、自分がどの程度の思いやりの心を持っているのか、比較して判断できるものがなければ、わからなかったのです。

皆でそれぞれのあなたを表現し合い、お互いの今を見比べることで、今の自分を実感し、成長度合いを確認しています。

あなたが、自分を手が長いと考えるのは、自分よりも手が短い人がいるからです。
あなたが、自分を太っていると考えるのは、自分よりも細い人がいるからです。
あなたが、自分を裕福だと考えるのは、自分よりも貧乏な人がいるからです。
あなたが、自分を正直だと考えるのは、自分よりも不正直な人がいるからです。
あなたが、自分を幸せだと考えるのは、自分よりも不幸な人がいるからです。
あなたが、自分を誠実だと考えるのは、自分よりも不誠実な人がいるからです。
あなたが、自分を・・・』

第81話 これが、この世界の法則の始まりでした。

f:id:ruuku5050:20170507133939j:image

『神様であるあなたは、自分がどれほどの存在なのかをこの方法で、無限の体験から実感しようと考えました。

これをあなたは、たくさん、同時に出現させ、色々な違いを加え、それぞれがそれぞれとの違いを実感することで、無限の体験を一度に実感できるようにしました。

そして、常に自分を変え続けることで、実感できることが増えていくことになるため、自分を変えることができるほど、至福を得られる仕組みにすることにしたのです。

そして、自分を変えなければ、至福を得られず、常につらいことが起こる仕組みにすることにしたのです。

これが、この世界の法則の始まりでした。』

第80話 これはとても有効な方法でした。

f:id:ruuku5050:20170507133718j:image

『エレ、神様であるあなたは、自分を実感するために考えた結果、もう一人あなたを目の前に出現させました。

でも、全く同じだと一人の時と同じでした。

全く同じなので、自分を実感することができませんでした。

自分を変えることなく同じままでは、実感することができなかったのです。

そしてまた、一人に戻しました。

考え方を変えて、自分を少し変えてみよう。

今度は、少し違うあなたが、目の前に現れました。

あなたよりも、少し背が低いとします。
ここで初めて自分は、このあなたより背が高いと実感します。
低い、高いが実感できます。

すると目の前のあなたは、目の前の大きな石を持ち上げました。
あなたは、同じ石を持ち上げようとしましたが持ち上がりません。
あなたは、目の前のあなたよりも力が弱いと実感しました。
力が強い、弱いを実感することができます。

自分を実感する為に、これはとても有効な方法でした。』

第79話 これが、世界の始まりでした。

f:id:ruuku5050:20170507131411j:image

『もう一度言うわね。エレ、実はあなたは、神様です。

遥か昔、あなたは、とても自分のことを実感したくなりました。

自分がどれほど素晴らしいのか知ってはいたのですが、自分がどれほど素晴らしいのか、実感して見たくなったのです。

例えば世界にあなたしかいないとしたら、どんなことになるか考えてみましょう。

もしあなたしかいなかったら、あなた自身がどういった人なのか、比較して確認することはできないのです。

ということは、あなたを実感することができなくなります。

今、私は、どれほどのものなのか実感できないのです。

今の自分が、やさしいのか、怒りっぽいのか、落ち込みやすいのか、力が弱いのか、走るのが遅いのか、髪の毛が長いのか、意地悪なのか、心がきれいなのか、思いやりがあるのか、
今の自分が、どうなのか何も実感できないのです。

あなたは考えました。

これが、この世界の始まりでした。』

第78話 …?

f:id:ruuku5050:20170507131031j:image

「…?」
エレは、驚きのあまり、言葉を発することすら出来ず、また目が点になってしまいました。

エレは、何を言ってるんだこの人は、という感じで放心状態です。

でも、ジラは、いつもの冷静で温かな口調で続けました。