エレとジラ 作:LEO

夢の叶えかたをジラが教えてくれます。

第26話 スークとベーア

f:id:ruuku5050:20170331065251j:image

『エレ。
彼らの話が良い例になると思うわ。』

ジラは、語ります。

『野球が大好きで、野球部に入った二人のエピソードです。

スークとベーアは、野球部員です。

スークは、レギュラーでいつも試合にでて活躍しています。

ベーアは、いつも補欠でした。

この二人は、昔からの野球友だちで、お互いにお互いの実力を認める中でした。

でも、入学当初の二人の心の中の思い方の違いが、明暗をわけることになったのです。』

……入学時……

「スーク、この野球部は、レベルが高いし、部員数も多い。

レギュラーになれるかなぁ…心配だよ。」

「何弱気なことを言ってるんだ!

僕らの実力だとレギュラーは間違いないよ!

間違いなくレギュラーになれる!

お前ほどの実力をもった奴はそうそういないぞ!自信持てよ!」

スークはいつものプラス思考で、ベーアを元気づけました。

「大丈夫かなぁ?

でも、せっかく野球部に入るのなら、僕もレギュラーになりたいよ!」

ジラはエレに、
「法則を理解したあなたなら、この二人の違いと、その後の現実がわかるわよね?」

エレは、うなずいてこたえました。

「わかるよ。
スークは、レギュラーになる実力があるんだ。
と法則2⃣を見事に利用できているのに、ベーアは、レギュラーになりたい。
と法則1⃣を作用させてしまったんだね…。

でも、この話が僕も法則2⃣を良い方に利用した経験があることと、どうつながりがあるのかなぁ?」