エレとジラ 作:LEO

夢の叶えかたをジラが教えてくれます。

第88話 さよならだけど、さよならじゃない

f:id:ruuku5050:20170507140405j:image

…エレは、ジラの言葉を噛みしめるように、目を閉じて今まで教えてくれたことを思い出してみました。

どうして、つらいことばかり起こってきたのか、
心の思うがままに願いまくって生きてきたこと、
いつも【不安】を抱いて生きてきたこと、
そして、自分を変えることをせずに、周りのせいにして生きてきたことを、
この世界の法則と照らし合わせてみました。

やはり、全て法則の通りでした。

そして、生きているだけで幸せなんだという素晴らしいことに気づけたこと。

エレは、ジラに改めて感謝を伝えたいと思いました。

「ねぇ!ジラ!いろんなこと教えてくれて、
本当にありが…?

…ジラ?…ジラ?!」

目を開けた時、目の前にいるはずのジラは、いませんでした。

そしてなぜか、ジラと出会う前に、飛び降りようとしていた、あの場所にいる自分に気づきました。

この世界では、非情なまでに、願うと決して叶いません。

エレは、ジラに感謝を伝えたいと思いました。

伝えたい=これは願いの思い。

エレは、気づきました。

「まいったな…」

そして、微笑んで、空を見上げて言いました。

「ありがとう!ジラ!僕は生きるよ!
本当にありがとう!」

この世界の空は、素晴らしく青く、心地よい風が吹いていました。

…エレ。忘れないでね。
私は、あなた。
あなたは、私…
いつも一緒、
さよならだけど、さよならじゃないわ。

「ジラ?…

うん、そうだね。」

心の中で、ジラのあの温かく穏やかな声が聞こえた気がしました。


《夢の叶えかた》〜エレとジラ〜
                                                         《終わり》