エレとジラ 作:LEO

夢の叶えかたをジラが教えてくれます。

第66話

f:id:ruuku5050:20180204145639j:image

『〝ありがとう″エレ。
最後に質問させてね。

どうして?
あなたは、無茶苦茶ツライ経験をしてきたのかな?』

「なんだよ…今さらその質問?
決まってるじゃないか!
無茶苦茶幸せになれる経験をするためだよ。
そのツライ経験をしなければ、その素晴らしい幸せは、実感できないってジラが教えてくれたじゃないか。

…?

ということはだよ!
今まで地球にとって、この世界にとって、苦しい時期が来ていたとしたら、それはきっと!

地球にとって、この世界にとって素晴らしい経験が待っているってことじゃないかな?

そんな素晴らしい世界が!」

『〝ありがとう″
あなたのおかげで、わたしも変われることができる。
あなたに教えてきたつもりが、実はわたしがあなたに教えてもらっていたのね。

エレ…本当に、あなたに出会えてよかったわ…

〝ありがとう″

ほんとう…に…』

「ちょっと?
おいおい!
またそうやって消えるつもりじゃないよね!

僕は、まだまだ聞きたいことがあったんだ!」

『ふふふ…
それじゃ…聞くことができないわね。』

「あ?
しまったー!
また、やってしまったよ…
法則1️⃣願うと叶わない!

あっ!
待ってよ!

最後に僕からの質問!

ジラ?」

『なに?』

「君は…もしかして?」

『…そうよ。
あたり。』

「あっ!
また、僕の心の中を!」

『だから言ったでしょ。
わたしは、いつもあなたを見守っているわ。
どこにもいかずにね。』

「うん。
そうだね。
今のジラの心の声は、僕にも聞こえたよ。

ジラ。僕にも言わせてよ。
いつも〝ありがとう″
僕たちを生かせてくれて。
見守ってくれて。
〝ありがとう″」

そして…ジラは、いつものように消えていった。

僕は、初めて聞いたジラの心の声を、何度も何度も、繰り返し思い出していた。